2WDと4WDの違いについて

2020/01/16 ブログ
logo

こんにちは、静岡県富士市で輸入車・国産車の中古車販売を行なっているMAKIトレードです。

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます(^^)

 

先週のブログでは、ミッション車のメリットとデメリットについて解説しました。
 

本日は、2WDと4WDの違いについて解説していきます。

 

●一言で言うと

2WDと4WDを違いを一言で説明すると、2WDとは2輪駆動であり、4WDとは4輪駆動を表しています。

 

2WDは、エンジンからの動力によって、前輪か後輪かのどちらかの2つの車輪が回ります。

4WDは、エンジンからの動力によって、前輪と後輪の全ての車輪が回ります。

それでは、2WDと4DWの違い特徴を交えながら詳しく解説していきます。

 

●2WD
日本で一般的に多く乗られているのが2WDの車です。

2WDは4WDと比べて、車両の部品が少なく軽いため、燃費が良いのが特徴です。

 

また、使用する部品が少ないため、車両価格も4WDと比べると比較的安いことも特徴のひとつです。

 

●4WD
初めにも説明しましたが、4WDは前輪と後輪のどちらも駆動する車です。

 

そのため、発進時からすぐに加速することができます。

 

さらに、走破性に優れているため、悪路や雪道に強く、雪の多い地域で人気のといえます。

 

2WDと比べて、構造も複雑なことから重量が重く、燃費が悪いという声もあります。
 

しかし、近年の4WDは必要な時だけ4輪駆動になり、それ以外は2輪駆動で燃費良く走れるようにもなっています。


●結論
まとめると、2WDと4WDの違いは2輪駆動なのか、4輪駆動なのかです。

 

それによって、2WDは車両価格は安く、燃費は良くなります。

一方で、4WDは価格と燃費において、2WDには劣りますが、走破性の部分では性能が高いといえます。

以上、本日は2WDと4WDの違いについて解説させていただきました。


是非、本日ご紹介した違いや特徴を参考に、2WDか4WDかで迷っている方は、自分にとってどちらが最適か考えてみてください(^^)
 

来週のブログでは、オススメのヘッドライトの交換方法についてご紹介させていただきます。

 

本日もブログをご覧いただきありがとうございました(^^)