BMW 7シリーズ モニター修理 740ⅰ

2020/02/10 ブログ

21年式 BMW 740ⅰのモニターが突然黒くなり、うんともすんとも動かない症状で入庫しました。

BMWはCCC(カーコミニケーションコンピュータ)の故障が多く、これの交換となると200000円以上の修理代になります。

最初はそのCCCから交換しましたが、ラジオやCDは使えるようになったのですが、バックカメラが使えない状態でした。

いろいろばらしていくとモニター接続部のユニット内にダイオードの溶接剥がれが見つかり、補修したところバックカメラも正常に映るようになりました。

危なく直せないかと思いましたが、無事に作業完了しました。

BMWのⅰ-driveはこの症例はかなり多いです。

この症状が出ると高額修理のため、乗り換えを検討される方も多いです。まずはご相談ください。