夏場のスタッドレスタイヤの危険性について解説

2020/03/11 ブログ
logo

こんにちは、静岡県富士市で輸入車・国産車の中古車販売を行なっているMAKIトレードです。

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます(^^)

 

先週のブログでは、スタッドレスタイヤからノーマルタイヤに変えるタイミングについてご紹介させていただきました。
 

今週のブログでは、夏場のスタッドレスタイヤの危険性について解説していきます。

 

スタッドレスタイヤが夏場に危険な理由をひと言でいうと、タイヤが破裂してしまう恐れがあるからです。

 

破裂してしまう要因は、スタッドレスタイヤの特徴にあります。

 

●スタッドレスタイヤの特徴

スタッドレスタイヤはノーマルタイヤと比べて、ゴムの柔らかさが特徴です。

 

その柔らかさにより、雪の道でも滑りを抑えて走行することができます。

 

雪や凍結した道路では、滑りを抑えることができるスタッドレスタイヤですが、雨には弱く、ノーマルタイヤと比べて滑りやすくなることに注意しましょう。

 

●スタッドレスタイヤを暖かい時に使用した場合

スタッドレスタイヤはゴムが柔らかいため、路面の温度が暖かくなった状態で走り続けていると、ゴムが変形してしまいます。

 

それにより、気温が暖かくなったにも関わらず、ゴムが変形しやすいスタッドレスタイヤで走行していると、タイヤが破裂してしまう危険があります。

 

夏場のスタッドレスタイヤの使用は、タイヤの破裂を招く危険があり、自分だけではなく、周りにも迷惑をかけることになるので、絶対にやめましょう!

 

●終わりに

本日の内容をまとめると、夏場のスタッドレスタイヤの使用は、タイヤの破裂の危険があるので、絶対にやめましょう!という内容でした。

 

以上、本日は、夏場のスタッドレスタイヤの危険性について解説させていただきました。

 

来週のブログでは、ライトの消し忘れによるバッテリーが上がる時間について解説させていただきます。

 

本日もブログをご覧いただきありがとうございました(^^)