贈与税なしに車をプレゼントする方法

2020/04/07 ブログ
logo

こんにちは、静岡県富士市で輸入車・国産車の中古車販売を行なっているMAKIトレードです。

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます(^^)
 

今週のブログでは、贈与税なしに車をプレゼントする方法について解説していきます。

 

●年間110万円以上は贈与税がかかる

日本では、年間で110万円以上の贈与を受けた場合、贈与税がかかります。

 

贈与税は、家、車、高級時計などが対象であり、贈与を受けた金額によって税率も変わります。

 

また、贈与税とは別に、50万円以上の車を譲り受けた、あるいは取得した場合、自動車取得税を払う必要があります。

 

税率は刑事度自動車が2%、普通車が3%です。

 

●贈与税がかからない方法

税金がかからない贈与方法としては以下の2つの方法があります。

 

①夫婦、親子などの扶養義務車からの生活費や教育費とする方法

この方法でのポイントは、贈与する車が日常生活を送るのに欠かせないものという判断がされるかどうかです。

 

例えば、新社会人として働くことになり、田舎暮らしのため車なしでは出勤することが難しい場合には、日常生活を送るのに必要といえるでしょう。

 

このように必要かどうかの判断が難しいため、税務署で相談することをオススメします。

 

②名義変更をしない方法

この方法は贈与税がかからないようにするために行う主流の方法です。

 

例えば、親が自分の名前で購入し、その車を子供に貸すというケースです。

 

ここでの注意点として、車検や保険の名義人と実際に車を使用する人に不都合がないように確認が必要です。


 

●おわりに

本日は、贈与税なしに車をプレゼントする方法についてご紹介させていただきました。
 

新社会人の子供に車のプレゼントを考えている方は、ぜひお気軽にMAKIトレードスタッフまでお声掛けください。

 

本日もブログをご覧いただきありがとうございました(^^)