ペーパーロック現象の対処法

2020/04/16 ブログ
logo

こんにちは、静岡県富士市で輸入車・国産車の中古車販売を行なっているMAKIトレードです。

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます(^^)
 

今週のブログでは、ペーパーロック現象の対処法について解説していきます。

 

●ペーパーロック現象とは

ペーパーロック現象とは長い下り坂などでフットブレーキを使用し続けたことによって、フルードが沸騰し、油圧が維持できなくなることからブレーキの効きが悪くなる現象です。

 

●ペーパロック現象の対処法

ペーパーロック現象の対処法は以下の2つがあります。

 

・エンジンブレーキを使う

エンジンブレーキを使うことによって、フットブレーキの負担を抑えることができます。

 

AT車の場合でも、ギアをドライブから、セカンドやローにすることによってエンジンブレーキがかけることができます。

 

しかし、スピードが早い状態でエンジンブレーキをかけると、エンジンブレーキの故障につながるので注意が必要です。

 

・フルードの定期交換

フルードの交換は2年に1度の頻度で交換をしましょう。

 

ただ、フットブレーキの使用頻度や、環境によって劣化のスピードも早まりますので、定期的に点検をしましょう。

 

フルードの点検では色を確認しましょう。

 

フルードの色は、透明→黄色→茶色と劣化が進むごとに変化していきますので、変色があった場合早めに交換をしましょう。

 

●おわりに

本日は、ペーパーロック現象の対処法についてご紹介させていただきました。

ペーパーロック現象はブレーキが効かなくなるため、直接的に事故の原因となる現象です。

 

ですので、日頃からエンジンブレーキやフルードの点検をし、未然に事故を防ぎましょう。

 

本日もブログをご覧いただきありがとうございます(^^)